ジャパンマネジメントのファクタリングは個人事業主も可!九州・福岡にオフィスがあり安心!

長引く不況やコロナ禍で、当面の資金繰りに、ご苦労されている法人、個人事業主さんもいらっしゃることでしょう。

今、注目度抜群の「ファクタリング(売掛債権売買取引)」は貸付ではなく、自分が受け取る予定の自分のお金(売掛金)。

とはいえ、金融業界には悪質な業者も多数存在するため、できることならオフィスをしっかり構えた優良なファクタリング会社に依頼したいですよね。

その点、ジャパンマネジメントなら、九州・福岡と東京・新宿にオフィスがあり安心です。

とはいえ、ジャパンマネジメントとのファクタリング契約は来店不要個人事業主でも利用でき、最短1日で資金調達が可能となります。

どんな企業でも、資金繰りに苦労することはあります。ジャパンマネジメントの売掛金ファクタリングで、この局面を乗り越えましょう。

 

 

それでは、ジャパンマネジメントがどのような形態のファクタリングを扱っているのか、どうしてこのファクタリング会社がおすすめなのか、ご案内します。

ファクタリングの基礎知識

ファクタリング(売掛債権売買取引)」とは、企業や個人事業主が保有している未回収の売掛金を、銀行やノンバンク、九州・福岡にオフィスを構えるジャパンマネジメントのような「ファクタリング会社」が買い取ることで、手数料を引いた金額を、本来の回収サイクルよりも早く受け取ることができるサービスです。

ファクタリングは、銀行やノンバンクからの「借り入れ」ではなく、自分が受け取る予定のお金を早く受け取るだけのサービスなので、気軽に利用することができます。

もちろん、悪徳な業者も暗躍していますので、ジャパンマネジメントさんのように手数料を明示している会社を選択してくださいね

また、ファクタリングは借入とは違い、審査には、利用する企業や個人事業主の信用が重視されるのではなく、得意先の財務状況や借入総額が重視されます。

そのため、長引く不況で懐具合が苦しい企業や個人事業主のみなさんも、「審査に通らないのではないか」と心配する必要はありません。

融資とは違い、連帯保証人や担保、約束手形も不要です。

お問い合わせフォームからの問い合わせは24時間受け付けています。気軽に問い合わせてみましょう。

 

 

ファクタリングは借り入れとはまったくの別物で、未収入金が早く現金化されるだけなので、キャッシュフローも改善され、バランスシートにも良い影響をもたらしますね!

それでは、ファクタリングを依頼する会社は、九州・福岡と東京・新宿にオフィスを構える「ジャパンマネジメント」がイチオシの理由を、8つご紹介します。

ジャパンマネジメントは九州・福岡近郊の方だけではなく、便利な東京・新宿にもオフィスを構えています。とはいえ、来店は不要。すべてインターネットや電話でのやり取りで取引が進みます

ジャパンマネジメントは、日本全国どこからも利用可能。九州・福岡や東京の企業、個人事業主の方以外にもおすすめのファクタリング会社ですので、ぜひ最後まで目を通してください。

 

 

① 悪徳な業者も多数存在するファクタリング会社。ジャパンマネジメントは、九州・福岡にオフィスを構えているので安心!

残念なことですが、あらゆる業界に悪徳な業者が存在するものです。とくに金融関係の会社なら、あなたの財産が脅かされるおそれがあるので、絶対に取引したくないですよね。

金融業界は悪徳業者の温床になりやすいので、より注意が必要です。

事業の立て直しや新規事業立ち上げのためにファクタリングを利用しようとしたのに、法外な手数料を取られ、ほとんど手元に残らないという失敗はしてほしくありません。

ジャパンマネジメントは九州・福岡にオフィス(福岡市中央区赤坂1丁目14-22 センチュリー赤坂門ビル8F)を構えています。

くれぐれも実体のない幽霊ファクタリング会社には依頼しないでくださいね。

② 九州・福岡のジャパンマネジメントは、個人事業主も利用できるファクタリング会社

「個人事業主は一律不可」とするファクタリング会社もあるなか、ジャパンマネジメントは、零細企業、個人事業主にも安心安全なサービスを提供したいと考え、大きな会社だけではなく、日々の業務をせいいっぱい頑張るみなさんに全員に、できる限りファクタリングの利用を可能としています。

ファクタリングを利用する個人事業主の経営状況など(信用)も「審査の可否には一切無関係」だというわけではありませんが、それよりも取引先の経営状況、利用者との取引年数が最重要視されます。

銀行で融資を断られたり、ほかのファクタリング会社で審査の通らなかった企業、個人事業主も、来店不要でネットで取引を完了させることもできますので、気軽に問い合わせてみましょう。

赤字決算やノンバンクから借り入れを断られても、ファクタリングは審査基準が違うので、一度トライしてみましょう!

③ 九州・福岡のジャパンマネジメントなら、最短即日で審査完了、翌日には資金調達が可能!

どんなに優秀な企業でも、ときには運転資金に困り、すぐにでも現金が必要になるシーンがありますよね。長引く不況下なら、なおさらです。

そんなときは、ジャパンマネジメントのファクタリングが強い味方になってくれます。この重要な局面をファクタリングで乗り切りましょう。

まだまだ回収できない売掛金を、最短1日で現金化することが可能

24時間受け付けている問い合わせフォームから連絡すれば、深夜に問い合わせた場合でも、翌朝には審査に入ることが可能となります。

九州・福岡のファクタリング会社、ジャパンマネジメントの頼りになるスペシャリストたちが、あなたの会社の資金調達計画をがっちりサポートしてくれます。

④ 九州・福岡のジャパンマネジメントなら、最高5,000万円までのファクタリングが可能!

ジャパンマネジメントのファクタリング限度額は5,000万円。九州のファクタリング会社でトップクラスのサービスを誇ります。

九州だけではなく、日本全国、他のファクタリング会社とも比較してくださいね!

⑤ 手形割引との大きな違いは?万一取引先が倒産しても、補填する必要はなし!

取引先の審査は厳重に行いますが、このご時世、なにがあってもおかしくはありません。ファクタリングが終わった後、突然取引先が倒産する場合だって考えられます。

それでも心配はご無用です。企業や個人事業主のみなさんが倒産企業の肩代わりをする義務はありません。

ファクタリングと昔ながらの「手形割引」は似ていますが、大きく異なる点がひとつあります。

手形が不渡りになった場合は、「償還請求権」を持つ金融機関から、代わりに支払うように請求されますが、「償還請求権」のないファクタリング会社が相手の場合は、たとえ取引先が倒産しようが、お客様には一切の支払い義務はありません

⑥ 九州・福岡のジャパンマネジメントなら、20万円からのファクタリングが可能

大きな金額のファクタリングに強いジャパンマネジメントですが、当面の運転資金が必要な零細企業、個人事業主のみなさんのために、売掛債権さえあれば、20万円からのファクタリングも可能としています。

「少額だから恥ずかしい」と思う必要はありませんが、ジャパンマネジメントなら、九州・福岡や東京・新宿のオフィスに訪問する必要もなく、24時間インターネットの問い合わせフォームからの連絡が可能です。

ジャパンマネジメントの頼りになるスペシャリストに気軽に相談に乗ってもらいましょう。

⑦ ジャパンマネジメントは明朗な手数料を設定

九州・福岡と東京・新宿にオフィスを構えるジャパンマネジメントのファクタリング手数料の相場は、3社間ファクタリングが3%~10%、2社間ファクタリングが10%~20%となります。

「実際にファクタリングしてみなきゃ、私たちにも手数料なんてわかりませ~ん」などと言っている自称ファクタリング会社にはくれぐれも注意しなきゃなりませんね。

ファクタリングの手数料に若干の幅がある理由は、売掛金の種類や取引先の規模、財務状況によるものです。

厳格に審査をするとはいえ、もちろん、ファクタリング会社にも多少のリスクがあり、そのリスクによって手数料が決まるわけなのです。

三者間ファクタリングや二社間ファクタリングは、次に説明します。

⑧ 多彩なファクタリング形式を揃えた九州・福岡のジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントでは、2社間ファクタリング、3者間ファクタリング、医療報酬債権ファクタリング、介護報酬債権ファクタリングを取り扱っています。

(1)2社間ファクタリング

ジャパンマネジメント(九州福岡・新宿)のファクタリング

2社間ファクタリング」はファクタリング会社(ジャパンマネジメント/JM)と企業(個人事業主)(=お客様)の2社のみで行われるファクタリングです。

売掛先(取引先)には、ファクタリングが行われたことは秘匿されます。そのため、お客様の財務状況に関し、不要な心配をかけるおそれはありません。

①お客様に売掛金が発生 ②お客様はその売掛金をジャパンマネジメントに売却 ③ジャパンマネジメントは買取代金(売掛金の額から手数料を引いた金額)を入金 ④お客様は取引先から売掛金を回収 ⑤回収した売掛金をそのままジャパンマネジメントに入金

という流れになります。

次に説明する「3社間ファクタリング」より、ややジャパンマネジメントのリスクが高まるために、比較的高い10%~20%程度の手数料が発生します。

最大のメリットとしては、取引先に知られることなくファクタリングが完了するほか、最短で即日資金調達が可能となることです。

資金調達を急いでいるときには一番助かるサービスですね!

(2)3社間ファクタリング

ジャパンマネジメント(九州福岡・新宿)のファクタリング

3社間ファクタリング」は、売掛先(取引先)に通知し、ファクタリング契約を承諾してもらうファクタリングです。

取引先への連絡が必要となり、即日の資金調達は難しいのですが、手数料が安く(3%~10%程度)、審査も比較的緩いのがメリット。

①お客様に売掛金が発生 ②お客様はその売掛金の買取をジャパンマネジメントに依頼③ジャパンマネジメントは売掛先(取引先) に、ファクタリング契約の承諾を依頼 ④承諾してもらえば、お客様はジャパンマネジメントに売掛金を売却 ⑤ジャパンマネジメントは買取代金(売掛金の額から手数料を引いた金額)をお客様に入金 ⑥売掛先(取引先)は、お客様ではなく、ジャパンマネジメントに入金

という流れになります。

取引先に、もしかすると、財務状況が怪しいのかと疑われるリスクも多少はありますよね

(3)医療報酬債権買取

ジャパンマネジメント(九州福岡・新宿)のファクタリング

診療報酬の入金は約2か月後。病院や開業医だって、急な出費等で突然お金が必要になるときもあります。

診療報酬債権ファクタリング」とは、病院や開業医、調剤薬局に対し、社会保険診療報酬支払基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)が支払う予定の診療報酬を、銀行、やノンバンク、ジャパンマネジメントのようなファクタリング会社が買い取り、手数料を引いた額を先にお客様に支払うことで、医療機関は当面の資金調達が可能になります。

この場合、企業でいうところの「取引先」は、「国・官庁」となりますので、ファクタリング会社のリスクが少なく、しかも常に三者間ファクタリングとなりますので、手数料が安いのが特徴。審査も通りやすく、手続き簡単。

ただし、事前手続きがあり、お客様への入金は遅め。

①ジャパンマネジメントお客様との連名で、国・官庁に「債権譲渡通知」を発送③ジャパンマネジメントは手数料を差し引いた買取代金を入金②国や官庁からの診療報酬の支払いはジャパンマネジメントに対し行われる

という流れになります。買取代金は診療報酬の80%~90%となっています。

(4)介護報酬債権買取

ジャパンマネジメント(九州福岡・新宿)のファクタリング介護報酬債権ファクタリング」とは、介護保険事業者が国民健康保険団体連合会(国保連)から受け取る介護報酬を、ジャパンマネジメントのようなファクタリング会社や銀行等が買い取り、早期に現金化できるシステム。

「診療報酬債権ファクタリング」と、ほとんど同じ流れですが、本来の介護報酬の入金サイトは、診療報酬の約60日と比べると、約45日でやや短め。

こちらも事前手続きがあり、お客様への入金は遅め。

回収先が「国や官庁」となるので、ファクタリング会社のリスクはほとんどありません。買取代金は、介護報酬の80%~90%となります。

長年頑張ってこられた年配者をお世話される介護事業者のみなさんには、お金のことで悩んでは欲しくないですよね。

ファクタリングは、九州・福岡にオフィスを構えるジャパンマネジメントへ!

金融業界は悪徳業者の温床になりがちなので、十分すぎる注意が必要ですよね。

ジャパンマネジメントは九州・福岡と東京都新宿区にオフィスを構える信頼のおけるファクタリング会社です。

また、「国や官庁」相手に取引する「診療報酬債権ファクタリング」「介護報酬債権ファクタリング」を取り扱える企業でもあります。

インターネットでも24時間受付が可能。来店不要で日本全国どこからでも利用が可能です。

融資や借入は担保や保証人が必要で返済が心配という企業や個人事業主のみなさんは、自分が受け取る予定の「売掛金」を早期に立て替え払いもらうだけのファクタリングを利用されてみてはいかがでしょうか。